宗教色のない葬儀とは

葬儀の新しい形とは

無宗教

趣向を凝らした無宗教の葬儀

宗教色のない無宗教葬儀があります。告別式だけのお葬式には決まった形式がないため、宗教者への配慮も必要で、偲ぶ会やお別れ会と呼ばれることもあります。ホテルなどの会館で行われることが多いですが、宗教色のないお別れ会は葬儀場でもできます。行い方としては、斎場などに無宗教形式の祭壇を設置してもらい、遺族・近親者で納棺後、棺を安置します。周りには故人が愛用していたものや、趣味のものなどを飾って故人らしさを演出します。遺影は故人が気に入っている写真のほか、一生を振り返るような写真を並べます。故人の好きだった歌を流したり、故人の思い出を一人ひとりが語り合う演出があったりもします。

お葬式を行う際の注意事項

無宗教葬儀は、特定の宗教の方法にのっとるものではなく、宗教者による葬祭行為もない式のことを指します。自由な形式と式次第で内容をつくり上げていき、故人との最後のお別れをする形になります。式の行い方は故人の方や残されたご遺族の意志で決めることができますが、自由にできる代わりに式をリードしてくれる人もいません。通常以上に、式の進行にはご遺族の方のお力が必要になります。また、無宗教葬儀の場合、お葬式後のお骨の行く先などにまで配慮が必要です。納骨予定の菩提寺がある場合には、宗教者によらないお葬式を行っても納骨させて頂けるか確認しておかなければいけません。きちんとした配慮のできる業者をお選びの上、ご依頼なさることをおすすめします。

↑PAGE TOP