葬儀とお葬式について

葬儀とお葬式の違い

無宗教

葬儀とお葬式と告別式の違い

お葬式という言葉は、もともと葬儀と告別式という二つの言葉が合わさってできたものです。前者はあくまでも儀礼で、たとえば仏式の場合はお坊さんに読経してもらいますが、これは故人の魂を鎮めて成仏してもらうためのもので、遺族と少数の近親者のみで行われるものとされています。一方、後者は故人に別れを告げる式典で、遺族や近親者だけでなく故人と交流があった友人や職場の人なども参列します。明治時代までは葬儀のみを行うのが一般的だったようですが、現代では告別式と一体化して行うようになっています。

葬儀の挨拶の伝統文化

葬儀の挨拶は簡潔でありながらも、心に通じる言葉を考えることが求められます。美辞麗句を並べるよりも、心のこもった文章にすることが大切です。あまりにも挨拶が長くなる場合には、格調高い話であっても緊張感がなくなってしまうことがあります。葬儀の挨拶については、追悼演説とは基本的に違うものです。追悼演説は古代ギリシャの時代からある伝統で、歴史的な散文として現代にも伝わっています。死者を追悼する伝統文化として、今後も残していく必要があります。

↑PAGE TOP