葬儀についての常識とは

最近の葬儀について

無宗教

変わりつつある近年の葬儀

かつての葬儀では、親戚や近所の人など大人数で故人を見送っていました。一方で近年、死生観の多様化や核家族化、従来のやり方に対する疑問など様々なことから、葬儀のあり方が変わりつつあります。こういったことを背景に、近年では身内のみで小ぢんまりと行う家族葬に関心が高まっています。この他にも、墓地の継承者がいないというケースも増えているため、遺灰を自然に還す自然葬も注目されるものとなっています。この他にも元気なうちにお世話になった一に集まってもらう、生前葬というものもあります。

家族葬と親族葬の費用

家族が亡くなったときに、費用を抑えて行いたい場合には、家族葬があります。費用の目安としては、50万から60万円ほどです。ただ実際にはもう少し範囲を広げて、親戚や親しかった人たちを呼んで親族葬にするのが一般的になるでしょう。親族葬にした時のことも考えておくと、費用の目安は80万から100万円程度は必要です。家族葬と親族葬の違いとしては、親族葬の場合は香典返しや通夜の会場や移動の車などの出費が大きくなることです。

↑PAGE TOP