葬儀のキホンを知ること

日本での葬儀とは

無宗教

無宗教葬儀の場合の知識

通常は、仏式でやることが多いのが日本での葬儀になります。しかし、生前から無宗教のお葬式を希望する人もいます。今は、冠婚葬祭も変化をして一番大切にするのは故人の意志になります。そのために、無宗教のお葬式もされる場合があります。その流れは、仏式のようにお経がないので、好きな音楽を流す形や故人のビデオを流すこともあります。その葬儀の中では、通常のお焼香がないので献花をすることがあります。最近は、色々な形式に対応ができないと時代の流れについていけません。自分の最後を、自分で演出をして予約をしておく人も多くいます。

無宗教の一般的な流れ

日本人の多くは無宗教と言われますが、葬儀のほとんどは仏式で行われてきました。近年では宗教形式に則らずに自由に行う無宗教を選ばれる方が増えてきました。無宗教葬儀では儀式的に定められた形式は無く自由なお葬式を行うことができますが、多くは次の様な流れで執り行われます。まずは参列いただく親族や参列者の方々にご着席いただきます。続いて喪主の方から開式の辞が述べられます。故人を偲んで参列者全員で黙祷を行い、寄せられた弔辞や弔電が奉読されます。ここで故人の方の好んだ音楽を流したりビデオを上映したりすることもあります。仏式と異なり焼香はありません。代わりに献花を行って故人の方に最後のお別れのご挨拶をします。最後に参列者の方々へのお礼として喪主や親族代表の方が挨拶をし、閉式の辞となります。

↑PAGE TOP