無宗教葬儀に関して知ること

個性的な無宗教葬儀

無宗教

無宗教の葬儀の注意点

無宗教葬儀を行う場合は、戒名をつけないので、お墓が菩提寺にある場合は納骨を拒否される場合があります。菩提寺に納骨したいのであれば事前に菩提寺に相談しましょう。個性的に行う無宗教葬儀は、司会者や遺族代表などが開式を告げ、読経に代わるものとして、子や孫が故人への手紙を読んだり、親しい友人に思い出を語ってもらうなどしますので、何を行うかを具体的にプランニングしておく必要があります。どのような進行で行うのか、こまかいところまで決めておかないとメリハリのないお葬式になってしまうというデメリットもあります。

無宗教のデメリットとは

無宗教葬儀(自由葬)は、その名のとおり、自由な形式で行う葬儀です。宗教の型にこだわらず自由に行える、といってもデメリットはあります。無宗教なので寺院や教会は利用できません。自宅で行う場合は問題ありませんが、別の場所で行いたい場合は、ホテルや斎場、集会場、公共施設などを利用しなくてはなりません。最近では、ホテルで行う人が多いですが、ホテルでは遺体の安置や仏壇を設けての焼香などは行えません。なので無宗教の葬儀する場合は、内容や進行方法を細かく決め、内容にあった会場選びをしなくてはなりません。自由といってマナーはあります。ちゃんとメリットとデメリットを照らし合わせたうえで行いましょう。

↑PAGE TOP